朝顔の観察日記

毎朝学校へ行くために、そうだ朝顔を育てよう。

朝顔の栽培方法4

この投稿でこのまとめは終わりです。種ができてからお片付け編です。

 

 

6.花が咲かなくなってくる時期

用意したもの

 

夏休みが終わっても朝顔はまだまだ咲き続けます。とはいっても秋になり気温が下がってくると、咲く花がだんだん少なくなってきます。中学校あたりで習うと思いますが、花が咲いた跡には種ができます。朝顔の栽培を終える際にそのまま蔓と一緒に燃えるゴミに捨ててもいいですが、次の年にまた栽培してみようと思うのであれば種を収穫して保管しておきましょう。

朝顔の種が作られる部分(花がしぼんだ後に膨らんでくる部分)を子房と呼ぶのですが、子房が緑色の状態では収穫はまだ早いです。この状態で種を取ると、種が白っぽくてふにゃふにゃだったり形も出来ていなかったりして、次の栽培には使えません。子房が茶色く、触ると簡単にぱらぱらと破れる状態になったら収穫にちょうどいい時期です。花ごとに種を作る時期が違うので、毎日収穫できそうな種があるか見ておくとほとんどの種を収穫できると思います。

収穫した種は小さいものをなくさずに保管しておける入れ物に入れておきましょう。私はチャック付きのポリ袋に入れて保管していました。

 

7.ほとんど枯れたら

用意したもの

  • ハサミ(普通のでいいです)
  • ゴミ袋
  • 汚れてもいい広いスペース

 

10月や11月になると、花も咲かない、葉っぱも枯れた、みたいな状態になります。そうなったら、(そのまま放置していても大して問題ないと思いますが)そのまま置いていても特にいいことがないので、大切に育てた朝顔ですがごみに捨ててしまいましょう。私は葉っぱが落ちて溜まるのが嫌だったので捨てました。

 

まず蔓を捨てます。蔓は支柱に巻き付いていてそのまま素手で取るのは難しかったので、ハサミで切って取りやすい長さにしてからゴミ袋に入れました。蔓が片付いたら、支柱を抜きます。支柱を室内で保管するなら、支柱についた土をぞうきんやキッチンペーパーでふき取っておきます。

 

鉢の部分だけになったら、ごみ袋に土を移します。このとき気を付けていても土が周りに散りやすいので、汚れても大丈夫な場所でやるといいです。移し方はやりやすい方法を選んでください。私はごみ袋の中で鉢を逆さまにして激しく振るスタイルを選択しました。土を捨てるときはごみ袋を二重にすると安全です。ゴミに出すときはお住まいの地域で指定されている方法で捨ててください。

 

 

私のやった栽培方法はたいだいこんな感じです。誰かの参考になったらそれはそれで嬉しいですが、ならなければならないでいいです。もし何か質問やアドバイスがありましたら、コメントください。お返事できそうであればお返事します。

朝顔の栽培方法3

この記事の内容は蔓の成長~開花編です。蔓が伸び始めてから花が咲くまでは見た目の変化が速くて大きいので、見ていて楽しいです。

 

 

4.蔓が伸び始める時期

用意したもの

  • 支柱
  • 液体肥料

 

蔓が伸びてきて、朝顔感の強い葉っぱが4~5枚くらい出来たら、そろそろ支柱を立てていい頃です、たぶん。私は葉っぱが5枚くらい出来てからそろそろ支柱立てないとなあと思い始め、結局葉っぱがあと5枚くらい増えたころに支柱を立てました。つまり多少遅くなっても大丈夫です。

 

立てる支柱は、朝顔がいい感じに巻き付くことができるものならどういうものでも使えると思います。私はなんとなく行燈仕立てという形を目指していたので、3本の棒が3つの輪っかでつながっているものを使いました。

支柱を刺す場所は、朝顔の生えている場所をなんとなく避けて、だいたい正三角形の頂点になるようにしておきました。根にぶつかったらあんまりよくなさそうな気がしたからです。

 

蔓が伸びたり花が咲いたりすると、ちゃんと水をあげていてもなんとなく葉っぱが萎れていたり黄色くなったりすることがあります。しないこともあります。こういう時は原因として土の養分が足りなくなっていることがあるので、肥料を足します。土を混ぜるときに化成肥料を使った場合は化成肥料を朝顔からちょっと離れた土の上に少し撒いておいてもいいですし、液体肥料を土にちょろっと掛けてもいいです。使う量の目安はたぶん肥料のパッケージに書いてあるので、それを参考にするといいです。私は化成肥料だけだと栄養が偏るかもなあと思って、化成肥料と液体肥料をだいたい交互に、気が向いたときに少しずつ足していました。

 

行燈仕立てという形を目指していたと書きました。これは蔓が数本に分かれてそれぞれを支柱に巻きつけさせることで、ボリューミーな印象になるやり方です(いくつかのウェブサイトにそう書いてありました)。やらなきゃやらないでも花は咲きますし、種も出来ます。やり方は、伸びてきた蔓の途中を切るだけです。どういう風に切るかは「朝顔 摘心」で検索して詳しく書いてあるサイトを参考にしてください。私はとりあえずやってみるか、という気持ちで生え際から7枚目と8枚目(だったか、8枚目と9枚目)の葉っぱの間の蔓を、ハサミでちょきんと切りました。そのあと蔓が3つに分かれてすくすく育ったので、なるほど本当に蔓が分かれるのかあ、こんな雑な切り方でいいのかあ、とよくわからない感じで感動しました。

蔓は支柱に軽くひっかけておけば、そのうち勝手に巻き付いていきます。モールで固定したりとかはしなくてもいいみたいです。

 

 

5.つぼみができたり花が咲いたりする時期

つぼみができ始めたら、ケースバイケースですが週1くらいのペースで追肥します。肥料を自分の思うように土にかけていきます。花が咲くのにはエネルギーをたくさん使うので、養分が足りなくなる前に補充しておくときれいな花が毎日咲いてくれます、たぶん。

2週間くらい追肥をさぼっていたら1日に咲く花の数が減りました。やっちまったと思って追肥したら、1週間くらいで増えました。朝顔は何をして何をしなかったかで育ち方がすぐに変わるのが面白かったです。

朝顔の栽培方法2

1つの記事にまとめるつもりだったんですけど、長くて読みづらくなりそうだったので何個かに分けました。この記事は2回目、2.植え付け編~蔓が伸び始めるまで編です。

 

 

2.植え付け

用意したもの

 

はい、今回はお楽しみの植え付けについて書いていきます。

朝顔スターターキット(鉢と土)をセットして1週間、真人間のみなさんは2週間が経ちました。そろそろ朝顔を植えるのにちょうどいい頃です。育てたい朝顔を選びましょう。

 

選び方は、写真と値段を参考にしつつ深く考えずに好みの花を付けそうなものにすればいいです。朝顔とは別の植物を育てたくなったら別の植物にしたってかまいません。自分の鉢で何を育てるかは自由に決めればいいです。植物はやっぱりやめて動物を育てたくなったら、まあ動物を育ててもいいんですけどあまりお勧めはしません。死ぬまで面倒を見ないといけないのでめちゃくちゃ面倒です。途中で飼えなくなったから捨てるとか絶対ダメです。捨てられた動物にも、その土地固有の野生生物にも迷惑です。捨てるくらいなら殺してしまうほうがマシですが、動物を飼えなくなったから殺すというのはとても難しく感じる人が多いと思います。動物を育てるのには時間もお金もたくさん掛かるので、その個体が寿命を終えるまで(死ぬまで)十分なお世話をできる算段が立ってからにしてください。

脱線した話を元に戻しまして、まず苗から説明していきます。苗を選ぶ際に気を付ける点として、元気そうな苗を選ぶようにしましょう。不自然な斑点や害虫が付いている苗や萎れて今にも枯れそうな苗よりは、見た感じきれいで蔓や葉にハリのある苗のほうがいい感じに育ってくれることが多いです。

という感じでホームセンターで150円くらいで売られていた好みの花が咲きそうな苗を買ってきました。

 

好きな苗を選んだら、2週間前に用意しておいたはずの朝顔スターターキットに植え付けます。鉢の植えたい部分の土を掘って、苗の土部分がすっぽり入るくらいの穴を空けて、そこに苗をはめ込んで少し地面を均せば完成です。

 

続いて種の埋め方を説明します。好きな種を買ってきたら、朝顔の蔓に出てほしい場所に深さ2~3㎝の穴を空けます。指で土をぷすっと刺せば空きます。ここに種を1つ入れて、土をかぶせます。完成です。

種から育てる場合は、実際に最後まで育てる予定の株数よりも多めに種を埋めておいたほうがいいらしいです。埋めた種が発芽しないことがあるからです。私は今年種から育てたとき、1株を育てる予定で種を3つ埋めました。3つともばっちり発芽しました。

 

種から育てる場合、特に自分で収穫した種を埋める場合は発芽処理といって種の殻にちょっとだけ傷を付ける作業をしておくと、埋めた種が発芽する確率が上がるらしいです。私はぐうたらですが心配性なので、とりあえず種を埋める前に爪切りのやすり部分で種の殻をこすっておきました。3つ埋めて3つとも発芽したので、とりあえず発芽処理をして悪い影響が出るということはないんだろうなと思いました。未処理の種は埋めなかったので、本当に発芽率が上がるのかはわかりません。来年あたりに残っている種で発芽率の違いを比べてみてもいいかな、と思います。1学期に準備をしないといけないのが面倒ですが、小学校や中学校の夏休みの自由研究でやってみてもいいと思います。理科が好きな理科の先生には、こういう2つの条件を比較する実験が好きな人がたくさんいます。また脱線しましたね。

 

 

3.植え付け後しばらくのお世話

苗を植えたり種を埋めたりしてから蔓が伸びてくるまでは、とりあえず水やりだけをしていました。嘘です。埋めた種が発芽したときはちょっと嬉しかったので何枚か写真を撮りました。

 

水やりは梅雨が明けるまでは1日1回(基本的に午前中)、梅雨が明けてからは1日2回(朝と夕方)を目標に続けました。梅雨明け前に水やりを午前中にしていたのは、夜より昼間のほうが水をたくさん使うかなあと思ったからです。朝に水やりをするチームと夕方水やりをするチームに分けてどっちが早く育つかを比べてもいいかもしれませんね。

 

梅雨が明けると暑くて土がすぐ乾いてしまうので、水やりの回数を1回から2回に増やします。梅雨が明けてからの水やりは、昼にはしないようにしていました。昼は暑いし日差しも強いので、あげた水がお湯になって朝顔の根が茹でられると育ちにくくなるとインターネットで見たし、たしかにそんな感じがするなと思ったからです。引きこもりなので週に2回くらい水やりをできないことがありました。それでも花が咲いて種も出来たので、目標通りにお世話を続けられるみなさんなら最後まで育てられると思います。

秋になって涼しくなってきてからは、水やりを1日に1回したりしなかったりになりました。

 

1回に水をあげる量は、土が全体的に濡れて、鉢の下から水がちょっとだけ出るか出ないかくらいにしていました。目安としては、深めの6号鉢に対して500mlペットボトルの半分くらいです。水が少ないと萎れたり枯れたりしてしまうし、多すぎると土に入っている養分が流れ出てしまうので、水やりの量にはちょっと気を遣いました。

朝顔の栽培方法

こちらのブログが化石化を進めていたので、久しぶりに記事を投稿します。

 

今年も朝顔を育てました。去年収穫した種を去年と同じようなやり方で育ていたら、去年と同じような花がたくさん咲きました。といっても去年と違って放置プレイ気味だったのが原因なのか、自家受粉させた種を使ったのが原因なのかはわかりませんが今年収穫できた種は6個でした。去年の7分の1くらいです。

(同じようなやり方と書きましたが、去年は苗から育てていたので育て始めは違います)

 

こういうわけで朝顔を育ててそれなりに花を咲かせてそれなりに種をつけさせることにはセルフ定評があるので、朝顔の育て方(苗ポットに刺さってる説明書やいろんなウェブサイトを読み漁って得た情報を実際にやってみた方法)を自分なりにまとめました。

※この記事は植物を専攻していない引きこもり大学生が完全に趣味で育てていた朝顔の育て方を、やっぱり完全に趣味でまとめてみただけの信頼性の低いものです。プロがお金をもらって書いている記事ではないので、この方法で育てたのに枯れちゃった!とか言われても責任は取りません。うまく育たなかったらいろんな方法を試してもっと良い育て方を見つけてください。

 

 

1.植える前の準備

用意したもの

  • 園芸用の鉢(6号で深めのもの)
  • 鉢底ネット
  • 鉢底に敷く石
  • 赤玉土
  • 腐葉土
  • 苦土石灰
  • 化成肥料
  • 土とか石とかの袋を開けるためのハサミ
  • 斜めに切ったペットボトル(スコップの代用)

 

いきなり苗や種を買ってきても植える場所がなかったら困ってしまうので、まず、朝顔栽培スターターキットとして上に書いた鉢やら土やらを買ってきました。ホームセンターの園芸コーナーに行けば全部揃うはずです。通販でも揃います。最近では百円ショップでも売ってることが多いです。(セリアは園芸用品が充実していました)

 

鉢の大きさは朝顔を何株育てたいかで決めます。私は1株だけ育てたかったので、それにちょうどいいと書いてあった6号の鉢を選びました。大きさが決まったらあとは値段とか見た目が好きかとかで選べばいいです。好きな鉢だとちょっとやる気が出ます。家が狭い人はいらなくなった時に捨てやすいかも気にして選ぶといいと思います。

鉢に土を入れる前に、鉢底ネットを鉢底に敷いて、その上に石を並べました。土が鉢底から漏れてしまうのを防いだり、土の水はけをよくする効果があります。

 

ここでやっと土を入れます。インターネットで調べたら苦土石灰や化成肥料を土になじませるために植え付けの2週間くらい前までには土を作っておいてねということでした。私はぐうたらなので植え付けの1週間前になってやっと土を鉢に入れました。夏休みの宿題の参考に見てくれている小学生のみんなはこんな大人になってはだめですよ。朝顔の植え付けはだいたい5月~6月(ゴールデンウィークから梅雨明け前)あたりにするといいそうなので、それに間に合うように用意しましょう。(寒い地域にお住いの方は、もう少し暖かくなってからのほうがいいかもしれません)

ベースの土は赤玉土腐葉土を混ぜたものがいいよと書いてあったので、この2種類の土を見た感じ同じくらいの量ずつ、赤玉土のほうがちょっとだけ多いかも、くらいの割合で鉢に入れました。土を鉢に入れるとき、苦土石灰と化成肥料も一緒に鉢に入れました。苦土石灰朝顔が好みのアルカリ性の土にするために、化成肥料は朝顔が成長するときに使える栄養を増やすために使いました。たぶん無ければ無いで育ちますが、ちょっと手の込んだ育て方をしたい人はこの2つも入れるといいと思います。野菜炒めを塩で味付けするのと同じような感覚でさっきの赤玉土腐葉土苦土石灰と化成肥料を混ぜるといい感じの量になりました。

土を鉢に入れるときは一度に全部の量を入れると混ぜるのがとっても難しくなるので、入れる予定の量の3分の1~4分の1くらいの量ずつ入れて混ぜてを繰り返すといい感じに混ざります。鉢に土を入れる量は、鉢のフチの下3~5センチくらいの高さまでにすると見た目的にも機能的にもいい感じになると思います。さっきからいい感じと何回も言っていてしつこいですね。

私はちょっと手を込んだ感じで朝顔を育てたかったので、自分でブレンドした土を使いました。でも正直そんなに土に凝らなくても、ホームセンターとかで売ってる花と野菜の土みたいなもので十分に育てられると思います。たぶんパッケージの裏に育てられる植物の例が書いてあるので、一応読んでおきましょう。そこに朝顔は育てられないと書いていなければ、たぶんオッケーです。

長良川沿いで写真を撮れた鳥を雑に紹介していく

クロスバイクを手に入れたのが嬉しくて、この前の日曜日に長良川沿いのサイクリングロード(?)を岐阜市川原町から河口に向けて5kmくらい走りました。その際に物の試しにカメラ付属の望遠レンズで撮ってみた鳥の写真がそこそこ綺麗に映っていたので、自慢がてら撮れた鳥を超大雑把に紹介していきます。

(↑無駄に長くてメリハリもなくて読む気が削がれるタイプの文章ですね!)

 

まーずーは、こちら!

f:id:clarine:20161020230930j:plain

これはピーヒョロロ~という鳴き声でおなじみ、

市街地でよく見かける猛禽類の代表・トビです。

茶色と白のまだら模様と、羽の先から三分の一くらいの部分が白いのが目立ちますね!

尚、羽を閉じるとこんな感じになります。

f:id:clarine:20161020231402j:plain

意外と目がくりっとしていて可愛らしいと思います。

 

次はこちら、都会の人もおなじみのカラスです!

f:id:clarine:20161020231530j:plain

群れているのはうるさいし糞も落ちてきそうで嫌ですが、

一羽で佇んでいるとなかなか渋く決まりますね。

日本でよく見られるカラスにはハシブトガラスハシボソガラスの二種類がありますが、このカラスはおそらくハシボソガラスかと思います。

カラスの嘴と額の境目あたりがグッと谷にならずになだらかに繋がっているのでそう判断しました。もっといい見分け方があれば教えてください。

 

トビとカラスですが、大体同じような物を食べているそうで。

f:id:clarine:20161020232646j:plain

トビがカラスの集団にアタックしていました。

 

あと水辺なので、サギなんかもいたりしました。

f:id:clarine:20161020232735j:plain

これは白くて大きいのでダイサギですね。(適当)

判断基準は嘴のフォルム(長くてまっすぐ)と目の周りが若干グレーがかってるところです。

当たっているでしょうか。(不安)

 

さてこちら、目を凝らしてよ~く見てください。

何が隠れているかわかるでしょうか。(画像クリックで元のサイズ…だったはず)

f:id:clarine:20161020233002j:plain

わかったあなた、素晴らしい目をお持ちです。バードウォッチャーになりましょう。

わからなかったあなた、それが普通です。そうじゃないと私が普通未満になります。

白状しますと、鳥の鳴き声とバサバサという音がしたので、適当にシャッターを押しました。

正解が、こちら。

 

f:id:clarine:20161020233346j:plain

スズメでしたー。

隠れるの上手ですね!上手ですよね!?

 

最後がこちら。

f:id:clarine:20161020233541j:plain

たまに見ますよね、テクテク歩く小さいやつ。

ちょっと大きく写すとこんな感じ。

f:id:clarine:20161020233655j:plain

一週間前の私ならシジュウカラと答えていたであろうこの鳥。

今ならちゃんと言えます、ハクセキレイという鳥です。

水辺に生息しているそうですが、近所の農道とかでもたまに見ます。

チャームポイントはこの可愛らしいしっぽ尾羽。

上下にぱたぱた振ってくれます。

似た鳥にセグロセキレイというのがありますが、そいつはもっと黒いです。写真でしか見たことないけど。

迷ったら目の下の色で判断するといいらしいです。目の下が白いのがハクセキレイなんですって。

 

以上、撮影したカメラはすべてNikon1J5、レンズは1NIKKOR望遠ズームレンズ30-110mmでした。ミラーレスでも結構よく撮れるでしょう?

 

果たしてクロスバイクは引きこもりの救世主になるのか。See you next time!

朝顔の観察番外編

Long time no see!

お久しぶりです。朝顔がひたすら茂って1日に5~10輪くらい花を咲かせ続け、変わり映えがしなかったので記事を投稿するタイミングを逃し続けて早一月半…。

 

ここ2週間くらいは枯れた葉が多くなり、やっと衰退を始めたのかなーとか思っていたのですが、まだ花は1日5輪ペースで咲くしツルは伸びるしで、まだ衰えないじゃんどんだけ生命力強いの、といった様子です。

 

それだけじゃ何も面白くないので、こちらの画像を用意しました。

/ジャジャーン\

 

f:id:clarine:20160911211744p:plain

アクセス数~!

前回のこのブログの更新が7月24日なんですよね。

さすがに8月中旬ぐらいにアクセス数が落ちてきたように見えたのですが、8月末にアクセス数が上がっている。

そして9月に入るとぱったり誰も見に来なくなった。

これは…

 

これは……

 

 

さては、夏休みの宿題に朝顔の観察日記が出たキッズたちが新学期直前に急いで宿題を終わらそうとして参考にしようとしたんだな!?

ふぅ、一気に言うのは疲れるぜ…。

 

わかるわー、私も8月下旬まで夏休みの宿題をため込む健全なキッズだったから。

インターネットに朝顔の観察日記なんて都合のいいものが載っていたら「つい」「参考」にしちゃいたくなるよねー。

 

でも宿題に書けそうな情報があると思って見てみたら、きっと期待外れでしたよね。

まず更新頻度が低い上に8月以降ぱったりと更新してない観察日記なんて残念以外の何物でもないですよね。

しかも右ねじの法則とか、pHの話とか、きっとキッズもパレンツもティーチャーも求めてないですよねー。

 

と思いきやの、2%のキッズかパレンツかティーチャーがpHの話を求めて遥々いらしていたようです。わあうれしい。

f:id:clarine:20160911211755p:plain

 

しかし何なんです、この人たちはみんな夏休みの宿題の参考に、あくまで参考にしようとこのブログを見に来たのですか。

ありがとうございます!ありがとうございます!

…というのは半分冗談で、こんな寝たきり大学生の書いたものをお手本にするより、自分の感性で書いた方がよっぽどいい日記になりますよ。

まじめな話、参考にするにしてももっと良い相手がいるので、そちらを参考にした方がいいですよ。日本植物生理学学会さんとか、夏休み子ども科学電話相談さんとか。

私も健全なキッズの時分にこういった相談相手がほしかった。

 

 

おまけのパキラたそ

f:id:clarine:20160911215203j:plain

また新しい葉が生えました。この子は着々と育ってくれるのでとても可愛い。

朝顔の観察その7

先日、ついにポケモンGOの日本版が配信されましたね。

今日なんかはポケモンを探して朝から歩き回って、スマートフォン歩数計が一万歩を超えていました!

こんなに歩いたのは何週間ぶりだろう…。

ポケモン探しで歩き回っていたら首の後ろを5か所くらい蚊に刺されていたのですが、日焼け止めを塗ったところにできた虫刺されって痛いですね。

薬を塗るときも沁みましたが、日焼け止めをクレンジングオイルで落とす時が一番痛かった…。

 

さて本題の、日付が替わって昨日の朝顔がこちら。

\\\全体像ドーン///

f:id:clarine:20160724013054j:plain

着目点を挙げるとするなら、

・現在4本伸びているツルのうち、3本が75cm支柱のてっぺんの輪っかを埋め尽くした

・てっぺんを超えたツルを真ん中の輪っかに誘導中(うまくいくのか?)

・花が2輪同時開花した

というあたりだと思います。

2輪同時咲きは摘心効果です。一本目のツルをちょん切った当初は不安と罪悪感で押しつぶされそうな日々が続きましたが、ここまで育ったらそんな心配はもう心の片隅にも残っていません。

モッサモサ育って超面白い。

 

植物に詳しくないので、他に「ここも見とくといいよ~」という部分があれば、教えてもらえると嬉しいです。

 

今回咲いた花のアップいきまーす。

まず左のやつ、ドーン。

f:id:clarine:20160724013702j:plain

ちょっとシワが多いですが、ちゃんと一周してました。

しわしわになっちゃうのは水分が足りてないのかなあ。

 

右の花、どーん。

f:id:clarine:20160724013921j:plain

ちょっと切れ目が入っていましたが、付け根の方は一応つながってるかしらん、といった咲き方でした。

もしかして;この品種は花弁が裂けやすい。

今のところ5分の2(だったよな…)で切れ目が入っているので、育て方に問題があるか病気か遺伝的な特性かって感じですよねーきっと。(考える気が足りない)

 

今後の予報です。

日付が替わって今日も2輪咲く、に1ジンバブエドル

(もうジンバブエドルそんなに安くないんだよねたしか)

 

以上で、昨日までの朝顔レポート終わりまーす。

続いて、みんな大好きパキラたそコーナーです。

 

f:id:clarine:20160724014632j:plain

また新しい葉っぱが出てきました。

大きい葉っぱに隠れる小さい葉っぱたちは枯れて落ちていくのですが、カメ人間の感覚として月2ペースくらいで新しい葉っぱが誕生しています。若いっていいわねぇ~。

どこから出てくるんだその生命力は…。

後ろには「こいつら丈夫らしいし多少水やりサボっても大丈夫っしょー」という偏見で枯らされたヘデラたちが項垂れているというのに…。(枯らしてごめんなさい)

 

ハイドロカルチャーは透明な容器で育てていれば水が足りてるか一目でわかるので、水やりの加減がわかりやすいです。